FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 滋賀医科大学にて、国初の疫学研究拠点「アジア疫学研究センター」が開所されます。これを記念し、「アジアのための国際共同疫学研究の展開」と題してシンポジウムが開催されることになりました。
シンポジウムでは国内外から著名な講師をお招きし、アジアにおける国際共同
疫学研究の推進について考察を深めていきます。
この機会に是非お誘いあわせの上、ご参加いただきますようお願いします。


シンポジウム
「アジアのための国際共同疫学研究の展開」


日 時:10月2日(水) 9:00~12:40
場 所:ピアザ淡海 3階 大会議室
      滋賀県大津市におの浜1-1-20 電話:077-527-3315
http://www.piazza-omi.jp/

参加費:無料(事前申込不要)

プログラム概要(英語で行われます)
1.基調講演(9:20 ~)
 Paul Elliott (ロンドン大学教授)
   “Methodology and Accomplishment of International Collaborative
     Epidemiologic Research: INTERSALT, INTERMAP”
  Robert D. Abbott
  (滋賀医科大学、アジア疫学研究センター特任教授)
“Risk Factor Projections in Japan and the United States: The Value
    of Cross-Cultural Comparisons”

2.アジア国際シンポジウム(10:50~)
   シンポジスト
       岡村 智教(慶応義塾大学教授)
   Nguyen Duy Phong(ホーチミン医科薬科大学准教授)
    Noor Azah Abd Aziz(マレーシア国民大学教授)
    Sohel R. Choudhury
       (バングラデシュ国立心臓財団病院研究所、教授)    
       Chimedsuren Ochir
       (モンゴル公衆衛生大学教授、公衆衛生大学院学部長)

詳細は下記をご覧ください
http://www.shiga-med.ac.jp/oshirase/131002.html
運営事務局 滋賀医科大学 総務課
      TEL: 077-548-2105 E-mail: hqhealth@belle.shiga-med.ac.jp

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://azuki45126.blog33.fc2.com/tb.php/168-95fddbf5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。