FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際女性デー・日仏シンポジウム
『いかにして子育てしやすい社会を築くか?家族政策の形成と市民セクターの役割に関する日仏対話』
(同時通訳付き)

日時:2013年03月09日(土) 10:00 - 17:35
場所:日仏会館1階ホール

【趣旨】
少子化,女性の能力潜在化,男性の長時間労働,格差の拡大といった問題を解決して,次世代を産み育てる新しい社会システムを実現するためには,市場と家族の自助努力では限界があり,政府の公共政策とともに,市民セクターの力が必要です.日仏の対話を通じて,共通の課題を認識するとともに,一歩先んじているフランスの仕組みを学び,いかにして日本で力強い市民セクターを育てていくかを考えます。

【挨拶】 
クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所所長)

【発表者】
舩橋惠子(静岡大学)
中嶋公子(日仏女性研究学会)
フレデリク・ルプランス(家族高等評議会)
大日向雅美(恵泉女学園大学)
神尾真知子(日本大学)
ジャン=ルイ・オーリー(パリ家族手当金庫)
伊東裕子(横浜市こども青少年局緊急保育対策課)
宮﨑望(三鷹市子ども政策部子ども育成課)
井上たか子(日仏女性研究学会)
パトリシア・オーギュスタン(ひとり親家族組合連盟)
藤原千沙(岩手大学)
石田久仁子(日仏女性研究学会)
ジル・セラファン(国立子どもの危機監視所/全国家族協会連合『家族研究』誌編集長)

【主催】 
静岡大学 舩橋研究室(最先端・次世代研究開発支援プログラム採択研究 「次世代を産み育てる新しい社会システムの構想:フランスと日本の社会セクター調査」)
【共催】
日仏会館フランス事務所、日仏女性研究学会
【後援】
日本経済新聞社、朝日新聞東京総局、国立女性教育会館、日本家族社会学会、にっぽん子育て応援団

URL:http://www.mfj.gr.jp/agenda/2013/03/09/colloque_journee_intl_des_femm/index_ja.php
チラシ詳細(PDF):http://www.mfj.gr.jp/agenda/_data/2013-03-09_josei_kosodate_R-V.pdf
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://azuki45126.blog33.fc2.com/tb.php/135-2371c397
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。